FC2ブログ

ビーグルロックのときどき日記~Ⅱ

ビーグル犬と娘とワタシの覚え書き




臨江街夜市で噂の◎豆腐を食す :: 2010/10/08(Fri)

台湾では共稼ぎの割合が多く(子供がいても)食生活は外食中心で、一日3食が外食ということも珍しくないそうです

「一日の仕事を終えた後、食卓を囲みながら家族が話をする日本の団欒という習慣はいいですね~」とガイドさんは言っていました
「台湾にはお袋の味は存在しない・・・」とも。(ちょっと大袈裟)
ただ本当に家では料理は殆どしないそうです

朝から夜遅くまで食べ物屋さんが沢山あって、安くて美味しいので
自炊するより経済的なら家で食べなくてもいいよね~~
外食=脂っこい と言う図式はいずこも同じだが台湾・中国の人たちは家で烏龍茶を飲むからすまーとなのかなぁ?
烏龍茶(特にプーアール茶)すごいね↑

学校へ行く子供も、仕事に出る大人も、
.家族一緒に朝から屋台で食事!!

台湾観光で人気の夜市もお祭りではなく地元で生活する人々のごくありふれた日常として賑わっているのだそうです

ガイドブックを眺めながらどの夜市を制覇しようか思案し
一日目は若者や女性に人気で食べ物だけでなく雑貨品も多いという臨江街観光夜市

行く先のメモをタクシーの運転手に見せて出発したのが20:30==
(夜市はどこも17時から24時くらいまで開いているそうです)

地下鉄での行き方も完璧にシュミレーションしていたけど、なにせ最寄り駅までは徒歩20分位かかるので、ついタクシーに乗ってしまった
こういう所に年齢を感じました・・・


途中で508メートル・地上101階の高層ビル「台北101」が見えた
タクシーの車窓から見えた101ビル
周辺は青山通りみたいでガラス張りでおしゃれなファッションビルが沢山並んでいました


はい!到着です「臨江街夜市」(リンジャンジェイェシー)
臨江街夜市

うわぁ、9時近いのに人がいっぱい!


あんなモノも、こんなモノも。。。お腹は空いているけど何から手を付ければいいのやら
IMG_0529.jpgIMG_0532.jpg

キョロキョロ、ウロウロしながら
IMG_0533.jpgIMG_0542.jpg

端まで200メートルほどの屋台の通りを歩ききった
IMG_0543_20100929173333.jpgIMG_0530.jpg

と、とりあえず何か食べてみようよ・・・
と、ワタシが選んだのはトマト飴トマト飴??


プチトマトの間にプラムかプルーンか干しブドウかみたいなモノがサンドされ、
全体を飴でコーティングしたものです 

飴は甘く、トマトはすっぱく、そして干しブドウの食感がねっとり(◎_◎) なんとも理解しがたい複雑な味でした
トマトは野菜だよね?とAちゃんと改めて確認しあいましたとさ


こうなったら絶対美味しいもの食べてやる
それにそろそろ座りたいと店内にテーブルが置いてある店へ
IMG_0559.jpg>
注文は商品一覧の伝票に自分の食べたい物の数を書き入れます
この店は日本語のメニューもあったので安心です
日本語つきメニュー



IMG_0546.jpg
トマト・牛肉麺(給食のソフト麺みたいでユニーク)
牡蠣のスープ(汁物は何を頼んでも外れなしの美味しさでしょう!!牡蠣はミニサイズ)
ピータン旨いよー
ピータン豆腐、激うまでした半熟の黄身と濃厚な豆腐、とにかく旨い↑↑↑30元¥90




夜市に行く時はウエットティッシュとビニール袋を忘れずに
店内のテーブルがベタついている時や串モノを食べて手がベタベタした時など
乾いたティッシュではどうにもなりません

ビニール袋は買ったけど口に合わないモノや食べきれないモノを残す時にサッと仕舞えて便利です
持ち帰るもヨシ、夜市の通りの端と端には大きなゴミ箱があるのでそこで捨てるもヨシ、
(夜市を歩いて意外だったのはあれだけ食べ物屋があるのに道路にゴミが氾濫していない事です
 道はとってもキレイでした)

お店ではお残しは全く問題ないって事も発見でした
周囲を観察しているとみんな平気で残して店を出ます 店の人も全く気にしていない感じです
食器もほとんどが紙の器(どんぶり)なので、汁だけ分けてあとはバンバンゴミ箱へぶち込んでいくのです

その後もジャンクな雑貨を見たり、串モノを食べたりしながら歩きました
台湾の必需品@マスク&ヘルメット
手前がヘルメット、奥の靴下みたいなカラフルなモノはマスクです
氷愛玉子(オーギョーチー)


>>続きを読む

  1. 台湾

台湾激うまパイナップルケーキ :: 2010/10/08(Fri)

同行者Aちゃんが美味しい「パイナップルケーキ」を買いた~いと検索しまくって行き着いたのがこれ↓
柴犬ミルクと台湾歩き (Real world in taiwan) 美味しいパイナップルケーキを探せ!~無添加で安心、癖になる味編~


どうです?そそられるでしょ?

実はワタシは今まで パイナップルケーキが美味しいと思った事はなくて興味がなかったのですが
このブログを見たら最後、頭の中は重度の
ここのパイナップルケーキをなんとしても食べたい病』にかかってしまいました

3泊4日とは名ばかりで実質遊べるのは2日、それも1日は夕方までツアーで市内観光

行ける時間を綿密に検討して、ツアーの終了後に行き、その後夜市に行く事にしました
ホテルからお茶屋さんは徒歩30分以上かかる場所・・・

台北市内はタクシーの初乗りが70元¥210と安いし、市内の端っこまで乗っても300元¥900位なので気軽に利用できます
・ドアは自分で開け閉めする
・行き先は中国語で書いたメモをみせる
・メーターを見てなるべくお釣りの無いように支払う

乗り込むときに「イ尓 好」と挨拶をして、支払いが済んだら「謝謝」と言って降りれば
ワタシも気持ちはタイワニ~

話が反れましたが目指したのはココ↓
吉軒茶語
[吉軒茶語]

夕方暗くなってから店に飛び込んだ私たち
試飲させていただいたお茶がとっても美味しくて、自宅用に購入したり
梅好きの娘からりクエストがあった茶梅を試食させてもらい、好みの味を見つけウキウキ
とお買い物をしながらも
店内に視線を配りパイナップルケーキを探す怪しい二人・・・

どうやら店内にはケーキらしきモノは置いていない「パイナップルケーキが欲しいんですが・・・」と訪ねたら

22日に中秋節がありその前後はずっと予約が一杯で販売していないとの事・・・


行ったのが土曜日の夜だし売り切れって事もあるかな?って嫌な予感はしていたんだけどね(涙

ガッカリしたものの、お買い物が進むうちに
「日本から来てくれたのなら特別に」とAちゃんと一箱ずつパイナップルケーキを購入する事が出きました
2箱購入できて、これでケンカにならずに済みます
諦めていたのでとっても嬉しかったですありがとうございました
パイナップルケーキ

大事に大事に持ち帰った噂のパイナップルケーキ
IMG_0753.jpg
外側はサクっとしていて高級な洋菓子の様な上品な甘さだし、
中の餡は本物のパイナップルを使っているので果肉の食感と甘く酸っぱい熟した濃厚なパイナップルの味 がする~

製造元は「微熱山丘 Sunny Hills」と言う所です ショップもあるようです




今回は時間が無くてパイナップルケーキはココでしか買えなかったけど
予習したうましうまもの「鳳梨酥ラビューン」というサイトはかなり美味しそうなものばかりピックアップしているのでまた参考にしたいと思います

滞在中に免税店やお茶セミナーで試食したパイナップルケーキはどれも買う気にはなれませんでした

  1. 台湾

台湾、自分へのご褒美編 :: 2010/10/07(Thu)

台湾で一番先に食べたのは「マンゴーカキ氷」
これを食べなくては旅は始まらないって感じよ~
ツアーで行った免税店のわきにあったジューススタンドで購入
10月までというマンゴーのシーズンに間に合ってヨカッタ
生のマンゴーがゴロゴロ入っていて感動ですぅぅぅぅ
マンゴーカキ氷
この他の食べ物編は別の時にたっぷりと。

ツアーに組み込まれた「足ツボマッサージ20分コース」
まず靴下を脱いで店内の洗い場で自分で足を洗います
ペーパータオルを渡され拭いたら椅子へ案内され、
香りの好い乳液をつけてマッサージ開始
アタシノアシデス
TVで見るような大げさに痛がってるヒトは居ませんでした
でも悪いところはすーっとなでられただけでもあたたた」となり
足を引き寄せたくなります
足ツボマッサージ屋さん

ワタシが痛がっていると店の支配人らしきマダムが足ツボ表にチェックを入れる
坐骨神経、腰痛、まさしくウィークポイントだったわ

静かにのた打ち回るワタシにマダムが
「これ飲んでみない?効くわよ」と耳元に来てささやく

し、しまった!痛がっている客には漢方薬の営業があるのか!!

「今はいい」と断ると
仰向けに寝ている椅子の肘掛に
「ココに置いておくから考えてみて」と駄目押し
箱も見ずに無視していたらしばらくして「飲まないの?」と惜しそうに箱を下げに来た。。。

マッサージ自体は「痛くないですか?」と確認しながら行うので気持ちが良かったでぇぇぇぇす



お次はこれ台湾で有名なこれ、知っていますか?ワタシはクイズ番組で見たことがありました
挽面@うぶげ取り
糸を使って顔から産毛を引き抜くんです!
今回は春からずっと顔のかぶれで肌が弱っていたのでやるつもりはありませんでした
旅の恥はかき捨て?ではないが
せっかく来たなら何でもやりたいし、何でも食べたいチャレンジ精神に火が付いた
こっち側にギャラリーが一杯
これは行天宮占い横丁(地下通路にある)にいた露天のおばさんです
流れは①おばさんの前に座る②髪をあげて③ケープを着て、
④スースーする石鹸のような白いかたまりを顔に塗る(顔は真っ白
⑤口に糸をくわえ2本の糸を顔の上で器用に伸ばしたり縮めたりしながら挟むようにして、産毛を引き抜きます
 産毛が密集している場所はたまにチクリとしますが、ほとんど痛くなかったです
⑥毛抜きが終わると最後に「アロエのジェル」みたいなモノを塗りました

ワタシは(日焼け止めも塗らずに)すっぴんだったのですが終わった後は血行がよくなったのか
顔がシャープに見えました
産毛なくなり顔色も明るく感じます
半年はもつらしいが、半年後にはいけないね(涙

アロエでかぶれても文句は言うまいとココロに誓って挑んだけれど、
なんとも無くて「挽面」大成功でした



マッサージ屋さんのオプションで「台湾式シャンプー」も体験してきました
24時間営業、送迎付きの観光客相手のマッサージ屋さんです
マッサージ店に行ったのは夜市で遊んだあとの深夜23時、全身リンパマッサージを受けてその後シャンプーをしました
マッサージで骨抜きになったので写真を撮る気力はありませんでした
参考画像:台湾ナビより拝借
名留美髪美容(上越美容)の基本情報より画像お借りしました

こんな感じで椅子に座るといきなりシャンプー液をふりかけゴシゴシ洗い始めるのが台湾式シャンプー
水も泡も顔に垂れずにモコモコと泡が立つ
泡が増えると泡をしごいて流しへ捨てに行く事数回

マッサージもかねて念入りにゴシゴシ

気持ちい~極楽極楽

最後は場所を移動して洗面台に仰向けにねてシャワーで流し

最後にレモンの香りのリンスをした・・・あっ

この時ワタシは分かってしまった
謎のシャンプーは石鹸シャンプーなんだ、と。

帰宅後、家でもやってみましたよ
濡らさないでそのままミヨシの石鹸シャンプーをかけてゴシゴシ、ゴシゴシ、ゴシゴシ・・・

なりました、泡立ちます、モコモコで垂れません!

洗濯でもシャンプーでも共通の石鹸で洗う極意はあわあわにして洗浄力を引き出す事にあるので~す
(シャンプーの場合は最後にアルカリに傾いた髪をレモンなどの酸性のもので中和するのよ)

リンスが終わるとまた椅子にもどりブロ~
分け目はどっち?とだけ聞かれあとはひたすらブロ~ブロ~

終了してフロントに行ったら深夜2時を過ぎていました
ホテルへ送ってもらい4時間ほど寝たらチェックアウトの時間なのでした



  1. 台湾

台北市内観光 その② :: 2010/10/07(Thu)

市内観光ツアー の続きです
    午前:故宮博物院【90分】、忠烈祠【下車見学】、ショッピング【40分】
    午後:保安宮【下車】、お茶セミナー【40分】、行天宮と占い横丁【下車】
    足つぼマッサージ体験【20分】、台湾民主記念館【下車観光】、総統府【車窓】、免税店【40分】
    ※昼食は梅子レストランにて台湾料理

占い横丁行きましたよ~
行天宮占い横丁という地下道にずらりと並んだ占いブース

どこも日本語OKみたいです(西11番・江さん:四柱推命、総合1000元でした)
 母さんの結果?う・ふ・ふ
占い横丁

足ツボは別のコーナーでご紹介します

中国茶のお店では3種類のお茶を飲みながら美味しい入れ方や効能を学びます
お茶セミナー

発酵度合いで茶葉の色もはっきり違いがあります
茶葉の色が違います

右:凍頂烏龍茶 
  台湾・凍頂山で、通常の烏龍茶より発酵を抑えて作られる緑茶に似た中国茶
  まろやかで甘味が強い
中;東方美人茶  
  比較的発酵度が高く、紅茶に近い味わいだが渋みがなくスッキリしている

左:プーアール茶  
  木を感じさせる独特のにおいと味(カビ臭い
  「黒茶」という種類のお茶で、水などをかけ強制発酵させているため、
   他のお茶と違い賞味期限が無く古いほど良いお茶になる  
   ワインの様に寝かせるほど価値が高まり、この時試飲したのは32年モノとか。。。

   脂肪分解の為にガンガン飲みたいが苦手な人は東方美人茶と割って飲むのがオススメだそうです

IMG_0498.jpg

最後の見学は
中正紀念堂(ヂョンチァンジーニエンタン)

IMG_0510.jpg
IMG_0509.jpg中正記念堂@蒋介石のメモリアルホール
八角形の屋根に青い瓦、
70メートルもある建物の壁は白い大理石を積み重ねてある
とてつもなくデッカイ建物
でっかく白い山がそびえているみたい・・・


総大理石の建物じゃ~
正面の階段は89段。蒋介石の亡くなった年齢が数え年で89歳だったので。

西(中国)を向いて鎮座する蒋介石の巨像
巨大な蒋介石の像が置かれ、その横では衛兵が見張りをする
ここでも1時間ごとに交代式が行われ観光客で賑わうらしい

IMG_0524.jpg
両脇の美しい庭園、公園やオペラハウスやコンサートホールも同じ敷地にある
かなりの人が集まっているけれど広いのでまばらな感じ。

この蒋介石総統を記念して建てられた建物は政権が変わると名称も変わるそうで、
そういえばパンフレットなどには「台湾民主記念館」となっているモノもあります(変わったのが2008)

台湾の親日ぶりはたった2日観光しただけでも感じる事ができる
深い歴史は分からないが、唯一観た台湾映画で語られた1947年の二二八事件の一般市民の反応からは
日本の統治の方がよかったと思っている台湾人は少なくない様に思える

同じ島国の人間だからか日本人と台湾人は控えめで穏やかな気質がよく似ていると感じた

それは韓国や中国の人達の様な大陸的な肉食系人種とはあきらかに違うモノと感じる
台湾旅行に魅力を感じリピーターが多いのは、そんな穏やかさに惹かれるのかもしれないね

総統の官邸である「総統府」の赤いレンガの建物は車窓からチラ見して通り過ぎました

ツアーの最後には免税店へ
普段は気後れして入れないブランドショップで冷やかしでもするか
小物には「買5送1」と表示がありました
「5つ買うと1つプレゼント」という意味で、
おみやげ物は値切ると言うよりはまとめて買えばおまけを付けるのが一般的らしい



  1. 台湾

台北市内観光ツアーその① :: 2010/10/06(Wed)

台湾での2日目(と言っても1日目は深夜のホテルの部屋だけですぐ朝が来たさー)
  市内観光ツアーへ出かけます
選んだのは 《コースB》
    午前:故宮博物院【90分】、忠烈祠【下車見学】、ショッピング【40分】
    午後:保安宮【下車】、お茶セミナー【40分】、行天宮と占い横丁【下車】
    足つぼマッサージ体験【20分】、台湾民主記念館【下車観光】、総統府【車窓】、免税店【40分】
    ※昼食は梅子レストランにて台湾料理

んまっ、お買い物が2回も!トイレタイムと思えば楽勝よぉ~(*^▽^*)ノ

まずは忠烈祠(ツォンリエツー)
中華民国兵士を祀っている、日本で言うと靖国神社のような所です
1時間毎の衛兵の交代のセレモニーを見学するために大勢の観光客で賑わっています
IMG_0448.jpg

IMG_0450.jpgIMG_0452.jpg
IMG_0454.jpgIMG_0457.jpg
IMG_0461.jpg



次は国立故宮博物院
現地ガイドの黄(こう)さんに付いてはぐれないように必死で歩く

館内は世界中からの観光客でごった返してあらゆる言語が飛び交っていました!
特に中国からのグループの迫力には圧倒されっぱなし
大陸の人はパワフルだね~
        <画像は3点はHPよりお借りしました>
13_K1A002341N000000000PAB.jpg
西周後期の青銅器、毛公鼎(もうこうてい)
内側に500文字もの毛公の栄誉が刻まれる、2800年も前のものだってさ~

14.jpg
清代の肉片石 
天然の大理石を加工しているもの、よく煮込まれたテリの感じはまるで本物の豚角煮!んまそ


10_K1C002103N000000000AA.jpg
翠玉白菜
清代皇帝の后の一人が嫁入り道具として皇帝に注目して貰うために贈り物としたらしい。
白菜は「私純潔です」と言う意味を持ち、雄と雌のキリギリスは子孫繁栄を意味し「私貴方の子供たくさん産めますヨ」というアピールらしいです
これは20cmと聞いていたけど思ったより大きく感じました

白菜の展示室は大勢の人でギューギューでしたが、やはり自分の目でよぉく観たいと思い頑張りました
まるでバーゲン会場みたいよ。。。

わずかな自由時間で売店に行き人気だと聞いた「白菜の耳掻き」と「白菜の箸置き」を購入 
            どちらも100元
耳掻きと箸置き

博物院の敷地もかなり広いらしいけど私たちはマイクロバス(小)で正面玄関に車をつけて貰ったので外観は見る時間がありませんでした
少し離れた駐車場には大型の観光バスの群れが待機
この日は土曜日の午前中でしたがどれほどの人数が館内にいたんでしょうね

お次はツアーのお約束、お買い物へむりやり
ヒスイなどの天然石をたっぷりオススメされましたが(爆)購入したのはこれ↓
台湾新幹線
鉄ちゃんな甥っ子に台湾新幹線のTシャツ


そしてようやくお待ちかねの昼食へ
伝統的な台湾料理の店「梅子レストラン」です
台湾料理のレストラン

お腹に入れちゃったので画像は一部ですが
空芯菜の炒め物、牡蠣が入った野菜炒め(味付けが好みでとっても気に入りましたが、牡蠣が小さくてあさりみたい)、
チョッピリスパイシーなマーボー豆腐、干し大根入り玉子焼き
さっき故宮博物院でみてきた様な角煮 チャーハンもあったっけ?
どれもとっても美味しくて大満足 ツアーに込みの食事にしては内容充分だと思います
  

IMG_0464.jpg


行天宮(シンティエンコン) 外壁は地味なコンクリートに見えますが「大理石」です
行天宮@商売の神様IMG_0468.jpg

ご本尊が商売の神様である「關聖帝君」で、關聖帝君とは、三国志でおなじみの関羽雲張のこと
そろばんの発明者である事から商売の神として祭られているみたいです。

境内(?)では青い法衣を来た尼さんみたないボランティアのおばさんが
たくさん居て
無料でお払いをしてくれるらしい
学生風の若い子や赤ちゃんを連れた夫婦やあらゆる年代の人が長い列を作って待っていました
週末の昼下がりにこんなに賑わているなんて、とっても不思議な感じ
生活に密着しているんだなぁと思いました


すごく賑わってる


保安宮@健康祈願IMG_0487.jpg
こちらは保安宮(パオアンコン)
ご本尊が「保生大帝」という医療と長寿をつかさどる神様
ここでも健康を求める老若男女が祈り、台湾の長~~い線香を手向けていました

お線香はお寺から無料で頂けます(お布施がたんまり入ってお金持ちなので)

ガイドさんが「個人の物です」と言っていたが最初意味が分かりませんでした^^;
お供え物はお祈りが終わると各自持ち帰ります
IMG_0490.jpg
おみくじも無料です
何本もの長い棒が入っている所から1本だけ引き抜いて、同じ番号のおみくじを取ります
訳してもらったけど小吉位みたいです、だんだん良くなるみたいに言われました(笑
IMG_0492.jpg

右下に写っている赤い積み木みたいなモノはお祈りに使うものです
神様の耳の形で2つ手に取り願いを唱えます
この時「住所・氏名・生年月日」を言って個人を特定するのがお約束
で、足元にをパラリと落として一つずつ表×裏になれば願いが聞き入れられたって事
もし表×表裏×裏ならば
「今のは無しね~もう一回」と再挑戦して表×裏と聞き入れられるまで行うそうです

長くなったのでその2に続く=

  1. 台湾
前のページ 次のページ