ビーグルロックのときどき日記~Ⅱ

ビーグル犬と娘とワタシの覚え書き




臨江街夜市で噂の◎豆腐を食す :: 2010/10/08(Fri)

台湾では共稼ぎの割合が多く(子供がいても)食生活は外食中心で、一日3食が外食ということも珍しくないそうです

「一日の仕事を終えた後、食卓を囲みながら家族が話をする日本の団欒という習慣はいいですね~」とガイドさんは言っていました
「台湾にはお袋の味は存在しない・・・」とも。(ちょっと大袈裟)
ただ本当に家では料理は殆どしないそうです

朝から夜遅くまで食べ物屋さんが沢山あって、安くて美味しいので
自炊するより経済的なら家で食べなくてもいいよね~~
外食=脂っこい と言う図式はいずこも同じだが台湾・中国の人たちは家で烏龍茶を飲むからすまーとなのかなぁ?
烏龍茶(特にプーアール茶)すごいね↑

学校へ行く子供も、仕事に出る大人も、
.家族一緒に朝から屋台で食事!!

台湾観光で人気の夜市もお祭りではなく地元で生活する人々のごくありふれた日常として賑わっているのだそうです

ガイドブックを眺めながらどの夜市を制覇しようか思案し
一日目は若者や女性に人気で食べ物だけでなく雑貨品も多いという臨江街観光夜市

行く先のメモをタクシーの運転手に見せて出発したのが20:30==
(夜市はどこも17時から24時くらいまで開いているそうです)

地下鉄での行き方も完璧にシュミレーションしていたけど、なにせ最寄り駅までは徒歩20分位かかるので、ついタクシーに乗ってしまった
こういう所に年齢を感じました・・・


途中で508メートル・地上101階の高層ビル「台北101」が見えた
タクシーの車窓から見えた101ビル
周辺は青山通りみたいでガラス張りでおしゃれなファッションビルが沢山並んでいました


はい!到着です「臨江街夜市」(リンジャンジェイェシー)
臨江街夜市

うわぁ、9時近いのに人がいっぱい!


あんなモノも、こんなモノも。。。お腹は空いているけど何から手を付ければいいのやら
IMG_0529.jpgIMG_0532.jpg

キョロキョロ、ウロウロしながら
IMG_0533.jpgIMG_0542.jpg

端まで200メートルほどの屋台の通りを歩ききった
IMG_0543_20100929173333.jpgIMG_0530.jpg

と、とりあえず何か食べてみようよ・・・
と、ワタシが選んだのはトマト飴トマト飴??


プチトマトの間にプラムかプルーンか干しブドウかみたいなモノがサンドされ、
全体を飴でコーティングしたものです 

飴は甘く、トマトはすっぱく、そして干しブドウの食感がねっとり(◎_◎) なんとも理解しがたい複雑な味でした
トマトは野菜だよね?とAちゃんと改めて確認しあいましたとさ


こうなったら絶対美味しいもの食べてやる
それにそろそろ座りたいと店内にテーブルが置いてある店へ
IMG_0559.jpg>
注文は商品一覧の伝票に自分の食べたい物の数を書き入れます
この店は日本語のメニューもあったので安心です
日本語つきメニュー



IMG_0546.jpg
トマト・牛肉麺(給食のソフト麺みたいでユニーク)
牡蠣のスープ(汁物は何を頼んでも外れなしの美味しさでしょう!!牡蠣はミニサイズ)
ピータン旨いよー
ピータン豆腐、激うまでした半熟の黄身と濃厚な豆腐、とにかく旨い↑↑↑30元¥90




夜市に行く時はウエットティッシュとビニール袋を忘れずに
店内のテーブルがベタついている時や串モノを食べて手がベタベタした時など
乾いたティッシュではどうにもなりません

ビニール袋は買ったけど口に合わないモノや食べきれないモノを残す時にサッと仕舞えて便利です
持ち帰るもヨシ、夜市の通りの端と端には大きなゴミ箱があるのでそこで捨てるもヨシ、
(夜市を歩いて意外だったのはあれだけ食べ物屋があるのに道路にゴミが氾濫していない事です
 道はとってもキレイでした)

お店ではお残しは全く問題ないって事も発見でした
周囲を観察しているとみんな平気で残して店を出ます 店の人も全く気にしていない感じです
食器もほとんどが紙の器(どんぶり)なので、汁だけ分けてあとはバンバンゴミ箱へぶち込んでいくのです

その後もジャンクな雑貨を見たり、串モノを食べたりしながら歩きました
台湾の必需品@マスク&ヘルメット
手前がヘルメット、奥の靴下みたいなカラフルなモノはマスクです
氷愛玉子(オーギョーチー)


楽しい夜市ですが、写真ではあのニホイが伝えられずに非常に残念です
通りに1歩足を踏み入れると通りを出るまでずーーーーーっと一面「臭豆腐」の二ホイ二ホイにホイ二ホイ

Aちゃんったらどうしても臭豆腐を食べてみたいんだって
せっかく台湾に来たんだもん、一口だけは食べようよーと言う事で
焼き鳥屋みたいな屋台に並んでいた臭豆腐(一番左の上)
看板の臭豆腐の文字を指差し「「イーガ」(1個)と言って無事購入に成功
炭火みたいなモノで焼きなおしてくれて
「スパイスかけますか?」みたいに聞かれたので

ただでさえ初めての味なのでスパイスまでやっつける自信がないので「かけない」とゼスチャーで応えると温かい串を渡された
IMG_0560.jpg

とりあえず人の少ない所で落ち着いて食べようと言う事で通りを外れ静かな場所へ
「二ホイほど味はキツクナイってパンフに書いてあったし、いつまでも持ってないで食べようよ」
「お先にどうぞ」としばし美しい譲り合い

これが臭豆腐だ!!!!
一口ずつ勇気のパックン

?口に入れると味は厚揚げでした!口に入れるとあの二ホイは感じなくなります
ちっ、厚揚げならスパイス付ければよかったな。。。

私たち納豆を離乳食にしたバリバリの茨城県人なので醗酵モノは得意です


スポンサーサイト
  1. 台湾