ビーグルロックのときどき日記~Ⅱ

ビーグル犬と娘とワタシの覚え書き




台湾、自分へのご褒美編 :: 2010/10/07(Thu)

台湾で一番先に食べたのは「マンゴーカキ氷」
これを食べなくては旅は始まらないって感じよ~
ツアーで行った免税店のわきにあったジューススタンドで購入
10月までというマンゴーのシーズンに間に合ってヨカッタ
生のマンゴーがゴロゴロ入っていて感動ですぅぅぅぅ
マンゴーカキ氷
この他の食べ物編は別の時にたっぷりと。

ツアーに組み込まれた「足ツボマッサージ20分コース」
まず靴下を脱いで店内の洗い場で自分で足を洗います
ペーパータオルを渡され拭いたら椅子へ案内され、
香りの好い乳液をつけてマッサージ開始
アタシノアシデス
TVで見るような大げさに痛がってるヒトは居ませんでした
でも悪いところはすーっとなでられただけでもあたたた」となり
足を引き寄せたくなります
足ツボマッサージ屋さん

ワタシが痛がっていると店の支配人らしきマダムが足ツボ表にチェックを入れる
坐骨神経、腰痛、まさしくウィークポイントだったわ

静かにのた打ち回るワタシにマダムが
「これ飲んでみない?効くわよ」と耳元に来てささやく

し、しまった!痛がっている客には漢方薬の営業があるのか!!

「今はいい」と断ると
仰向けに寝ている椅子の肘掛に
「ココに置いておくから考えてみて」と駄目押し
箱も見ずに無視していたらしばらくして「飲まないの?」と惜しそうに箱を下げに来た。。。

マッサージ自体は「痛くないですか?」と確認しながら行うので気持ちが良かったでぇぇぇぇす



お次はこれ台湾で有名なこれ、知っていますか?ワタシはクイズ番組で見たことがありました
挽面@うぶげ取り
糸を使って顔から産毛を引き抜くんです!
今回は春からずっと顔のかぶれで肌が弱っていたのでやるつもりはありませんでした
旅の恥はかき捨て?ではないが
せっかく来たなら何でもやりたいし、何でも食べたいチャレンジ精神に火が付いた
こっち側にギャラリーが一杯
これは行天宮占い横丁(地下通路にある)にいた露天のおばさんです
流れは①おばさんの前に座る②髪をあげて③ケープを着て、
④スースーする石鹸のような白いかたまりを顔に塗る(顔は真っ白
⑤口に糸をくわえ2本の糸を顔の上で器用に伸ばしたり縮めたりしながら挟むようにして、産毛を引き抜きます
 産毛が密集している場所はたまにチクリとしますが、ほとんど痛くなかったです
⑥毛抜きが終わると最後に「アロエのジェル」みたいなモノを塗りました

ワタシは(日焼け止めも塗らずに)すっぴんだったのですが終わった後は血行がよくなったのか
顔がシャープに見えました
産毛なくなり顔色も明るく感じます
半年はもつらしいが、半年後にはいけないね(涙

アロエでかぶれても文句は言うまいとココロに誓って挑んだけれど、
なんとも無くて「挽面」大成功でした



マッサージ屋さんのオプションで「台湾式シャンプー」も体験してきました
24時間営業、送迎付きの観光客相手のマッサージ屋さんです
マッサージ店に行ったのは夜市で遊んだあとの深夜23時、全身リンパマッサージを受けてその後シャンプーをしました
マッサージで骨抜きになったので写真を撮る気力はありませんでした
参考画像:台湾ナビより拝借
名留美髪美容(上越美容)の基本情報より画像お借りしました

こんな感じで椅子に座るといきなりシャンプー液をふりかけゴシゴシ洗い始めるのが台湾式シャンプー
水も泡も顔に垂れずにモコモコと泡が立つ
泡が増えると泡をしごいて流しへ捨てに行く事数回

マッサージもかねて念入りにゴシゴシ

気持ちい~極楽極楽

最後は場所を移動して洗面台に仰向けにねてシャワーで流し

最後にレモンの香りのリンスをした・・・あっ

この時ワタシは分かってしまった
謎のシャンプーは石鹸シャンプーなんだ、と。

帰宅後、家でもやってみましたよ
濡らさないでそのままミヨシの石鹸シャンプーをかけてゴシゴシ、ゴシゴシ、ゴシゴシ・・・

なりました、泡立ちます、モコモコで垂れません!

洗濯でもシャンプーでも共通の石鹸で洗う極意はあわあわにして洗浄力を引き出す事にあるので~す
(シャンプーの場合は最後にアルカリに傾いた髪をレモンなどの酸性のもので中和するのよ)

リンスが終わるとまた椅子にもどりブロ~
分け目はどっち?とだけ聞かれあとはひたすらブロ~ブロ~

終了してフロントに行ったら深夜2時を過ぎていました
ホテルへ送ってもらい4時間ほど寝たらチェックアウトの時間なのでした

スポンサーサイト


  1. 台湾