ビーグルロックのときどき日記~Ⅱ

ビーグル犬と娘とワタシの覚え書き




台北市内観光ツアーその① :: 2010/10/06(Wed)

台湾での2日目(と言っても1日目は深夜のホテルの部屋だけですぐ朝が来たさー)
  市内観光ツアーへ出かけます
選んだのは 《コースB》
    午前:故宮博物院【90分】、忠烈祠【下車見学】、ショッピング【40分】
    午後:保安宮【下車】、お茶セミナー【40分】、行天宮と占い横丁【下車】
    足つぼマッサージ体験【20分】、台湾民主記念館【下車観光】、総統府【車窓】、免税店【40分】
    ※昼食は梅子レストランにて台湾料理

んまっ、お買い物が2回も!トイレタイムと思えば楽勝よぉ~(*^▽^*)ノ

まずは忠烈祠(ツォンリエツー)
中華民国兵士を祀っている、日本で言うと靖国神社のような所です
1時間毎の衛兵の交代のセレモニーを見学するために大勢の観光客で賑わっています
IMG_0448.jpg

IMG_0450.jpgIMG_0452.jpg
IMG_0454.jpgIMG_0457.jpg
IMG_0461.jpg



次は国立故宮博物院
現地ガイドの黄(こう)さんに付いてはぐれないように必死で歩く

館内は世界中からの観光客でごった返してあらゆる言語が飛び交っていました!
特に中国からのグループの迫力には圧倒されっぱなし
大陸の人はパワフルだね~
        <画像は3点はHPよりお借りしました>
13_K1A002341N000000000PAB.jpg
西周後期の青銅器、毛公鼎(もうこうてい)
内側に500文字もの毛公の栄誉が刻まれる、2800年も前のものだってさ~

14.jpg
清代の肉片石 
天然の大理石を加工しているもの、よく煮込まれたテリの感じはまるで本物の豚角煮!んまそ


10_K1C002103N000000000AA.jpg
翠玉白菜
清代皇帝の后の一人が嫁入り道具として皇帝に注目して貰うために贈り物としたらしい。
白菜は「私純潔です」と言う意味を持ち、雄と雌のキリギリスは子孫繁栄を意味し「私貴方の子供たくさん産めますヨ」というアピールらしいです
これは20cmと聞いていたけど思ったより大きく感じました

白菜の展示室は大勢の人でギューギューでしたが、やはり自分の目でよぉく観たいと思い頑張りました
まるでバーゲン会場みたいよ。。。

わずかな自由時間で売店に行き人気だと聞いた「白菜の耳掻き」と「白菜の箸置き」を購入 
            どちらも100元
耳掻きと箸置き

博物院の敷地もかなり広いらしいけど私たちはマイクロバス(小)で正面玄関に車をつけて貰ったので外観は見る時間がありませんでした
少し離れた駐車場には大型の観光バスの群れが待機
この日は土曜日の午前中でしたがどれほどの人数が館内にいたんでしょうね

お次はツアーのお約束、お買い物へむりやり
ヒスイなどの天然石をたっぷりオススメされましたが(爆)購入したのはこれ↓
台湾新幹線
鉄ちゃんな甥っ子に台湾新幹線のTシャツ


そしてようやくお待ちかねの昼食へ
伝統的な台湾料理の店「梅子レストラン」です
台湾料理のレストラン

お腹に入れちゃったので画像は一部ですが
空芯菜の炒め物、牡蠣が入った野菜炒め(味付けが好みでとっても気に入りましたが、牡蠣が小さくてあさりみたい)、
チョッピリスパイシーなマーボー豆腐、干し大根入り玉子焼き
さっき故宮博物院でみてきた様な角煮 チャーハンもあったっけ?
どれもとっても美味しくて大満足 ツアーに込みの食事にしては内容充分だと思います
  

IMG_0464.jpg


行天宮(シンティエンコン) 外壁は地味なコンクリートに見えますが「大理石」です
行天宮@商売の神様IMG_0468.jpg

ご本尊が商売の神様である「關聖帝君」で、關聖帝君とは、三国志でおなじみの関羽雲張のこと
そろばんの発明者である事から商売の神として祭られているみたいです。

境内(?)では青い法衣を来た尼さんみたないボランティアのおばさんが
たくさん居て
無料でお払いをしてくれるらしい
学生風の若い子や赤ちゃんを連れた夫婦やあらゆる年代の人が長い列を作って待っていました
週末の昼下がりにこんなに賑わているなんて、とっても不思議な感じ
生活に密着しているんだなぁと思いました


すごく賑わってる


保安宮@健康祈願IMG_0487.jpg
こちらは保安宮(パオアンコン)
ご本尊が「保生大帝」という医療と長寿をつかさどる神様
ここでも健康を求める老若男女が祈り、台湾の長~~い線香を手向けていました

お線香はお寺から無料で頂けます(お布施がたんまり入ってお金持ちなので)

ガイドさんが「個人の物です」と言っていたが最初意味が分かりませんでした^^;
お供え物はお祈りが終わると各自持ち帰ります
IMG_0490.jpg
おみくじも無料です
何本もの長い棒が入っている所から1本だけ引き抜いて、同じ番号のおみくじを取ります
訳してもらったけど小吉位みたいです、だんだん良くなるみたいに言われました(笑
IMG_0492.jpg

右下に写っている赤い積み木みたいなモノはお祈りに使うものです
神様の耳の形で2つ手に取り願いを唱えます
この時「住所・氏名・生年月日」を言って個人を特定するのがお約束
で、足元にをパラリと落として一つずつ表×裏になれば願いが聞き入れられたって事
もし表×表裏×裏ならば
「今のは無しね~もう一回」と再挑戦して表×裏と聞き入れられるまで行うそうです

長くなったのでその2に続く=
スポンサーサイト


  1. 台湾