ビーグルロックのときどき日記~Ⅱ

ビーグル犬と娘とワタシの覚え書き




逃避行・・・もしも! :: 2007/04/17(Tue)

逃避行 逃避行
篠田 節子 (2007/04/12)
光文社

この商品の詳細を見る


ゴールデンレトリバーの表紙に目が留まり購入した「逃避行」
読み終えた今でも胸がザワザワ、動揺が収まりません。

「主婦の愛犬ぽぽ(ゴールデンレトリバー)が隣に住む子供をかみ殺してしまった。
 夫と娘は隣への配慮や世間体を考え犬を処分すべきだと考える。
 しかし主婦は愛犬を守るために夫のへそくりを持ち出し家を出てしまう・・・・」

ぽぽが訳も無く突然豹変して子供をかみ殺した訳ではない、
むしろ正当防衛とも言える事故なのに家族は愛犬を守ろうとはしない・・・

もしも私だったら?
  もしもロックだったら?
   もしもうちの家族だったら?
かみ殺しはしないまでも「人を噛んでケガをさせてしまったら?」
軽いケガだとしても「処分すべき」と言う人は出てくるだろうな・・・きっと。
ロックを命がけで守れるのか<ワタシ

以前飼っていた小鳥を来客が踏んでしまった事があって、
放し飼いにしていた方が悪いとは分かっているけど、
それでも「踏まれた」と憤慨の念を捨てきれないでずっとずっと根に持っているワタシ。

被害者には
頭では分かっている事と、理性ではコントロールできない感情というものがあると思う。
分かっちゃいるけど、許せないって感情は仕方ないよね。

物語は家族とは何ぞや?人間の幸せとは何ぞや?と考えさせられ
とってもとっても奥が深いです。



20070416152251.jpg「ずっと一緒にいてくれますか?」

20070416152301.jpg「はい、約束します」

スポンサーサイト


  1. つぶやき
  2. | trackback:0
  3. | comment:12
<<一発芸 | top | さくらまつり>>


comment

と~ってもと~っても奥が深いです。
ドンヨリしてしまいました・・・

私だったら?「絶対子供がグルに何かしたんだ!」と
今ならグルを守るでしょう。
でも、その逆だったら?ワンコの存在が許せなくなる・・・
わかる気もします。

被害者、加害者とも互いに環境が違えば考え方も違い、捉え方も違う、それぞれの立場もありますもんね。
答えはでないのでしょうね。

ただ、ペットの飼い主として最低限のマナーを守る、それだけでもしっかりやっておこうと改めて思いました。
  1. 2007/04/17(Tue) 22:07:06 |
  2. URL |
  3. グル母 #-
  4. [ 編集 ]

ほんと、奥の深い話ですね。
ペットだけでなく、人間同士でもあるこのたぐいの話。
どっちも、それなりの言い分があるし・・・
そして、いつ私たちがどっち側になるかわからないし・・・
そう、答えはないでしょうね~

ロックの母さん
ひょっとして、その小鳥って例のすずめちゃんかしら?
野生なのにとってもなついて、だからこそ、かわいさも人一倍あったでしょうに~
おもいだしちゃいますよね~

わぁ~、しめっぽくなっちゃった~
最後の二枚の写真、素敵~~~
びーちゃんとロック君、愛のちかいですか?
共に、愛を誓い合って、末永く、仲良くね~~~



  1. 2007/04/18(Wed) 11:06:11 |
  2. URL |
  3. ジャキわんママ #-
  4. [ 編集 ]

う~ん・・・・
何とも奥が深いストーリー・・・
ワンコの飼い主としては、考えちゃうね。
どっち側の立場にもなりえる事だしね。

びーちゃんとの写真・・・
とってもいい感じv-238
「約束します」のロック君、ちゃんとびーちゃんの顔を見てるね~
胸がキュンとなるよ~

私もうちのロックと約束してこようっと!
  1. 2007/04/18(Wed) 11:40:58 |
  2. URL |
  3. まっぷー #-
  4. [ 編集 ]

この本ってフィクションですか??
中身が気になるけど、読むの怖いきもするし・・・
犬と人とのかかわり方や、犬と暮らすことの責任を考えさせられます
やはり、被害者なら許すことは出来ないだろうし
加害者ならどうすべきか、辛いですね
どこかでこの本を見つけたら、一度見てみようと思います
  1. 2007/04/18(Wed) 12:34:32 |
  2. URL |
  3. ぴろぴろ #-
  4. [ 編集 ]

v-22グル母さん
コメントありがとうございます。
考えちゃいますよね?
この本の中では隣の子が執拗にぽぽをいじめていたので普段から子に対して怯えていて、
この日はカンシャク玉をぶつけられて恐怖で怯えたぽぽがパニックに陥り噛み付いて殺してしまったと。
飼い方に過失はなく刑事責任は無いし、条例などの問題もない』けれど夫は犬を処分すべきと主張する・・・・
もしも家族と意見が違ったら?
家や職を失ってまでは愛犬を守れないし、答えは出ないですね。
読み終えた今でも悶々としています。
  1. 2007/04/18(Wed) 14:11:09 |
  2. URL |
  3. ロックの母さん #2DdjN05.
  4. [ 編集 ]

v-22ジャキわんママさん
そーなんですv-521あのスズメの事なんです。
あきらかにこちらの過失なんだけど、今でも納得しがたいのです。
だもの、立場が違えば・・・・ねぇ。

この主人公の主婦はぽぽを看取るつもりで山奥に隠れ住んだのだけれど、病で先に逝ってしまうの~。悲しすぎる(;_;)/
  1. 2007/04/18(Wed) 14:36:22 |
  2. URL |
  3. ロックの母さん #2DdjN05.
  4. [ 編集 ]

v-22まっぷーさん
我が身に置き換えると切実すぎて・・・どうしていいか分かりませんよね。
ワンコの目は純粋でv-352見つめられるとドキドキします。
  1. 2007/04/18(Wed) 14:52:10 |
  2. URL |
  3. ロックの母さん #2DdjN05.
  4. [ 編集 ]

v-22ぴろぴろさん
v-295これはフィクションです。
本の帯に「夫を捨て、娘を捨て、彼女は逃げる。
ただ、愛犬を守るために・・・とあり目が留まり思わず購入しました。
このぽぽの購入のエピソードには少し器量が悪く兄弟たちは次々と居なくなり1匹だけ大きくなても売れ残っていた、とかワンコ好きにはたまらない話がわんさか。
ゼヒ読んでみて。
  1. 2007/04/18(Wed) 15:11:35 |
  2. URL |
  3. ロックの母さん #2DdjN05.
  4. [ 編集 ]

う~ん・・・、こんなの読んだら「火垂るの墓」以上に泣けてしまいそう。
こういう明白な正当防衛であれば、私なら絶対愛犬を守る!
動物虐待する方が悪い!思うけど・・・
法の判断が気になるところですね。
ほんとに「刑事責任は無いし、条例などの問題もない」として
もらえるんでしょうか???
  1. 2007/04/19(Thu) 00:56:18 |
  2. URL |
  3. ぐうびるこ #-
  4. [ 編集 ]

v-22ぐうびるこさん
火垂るの墓、もv-406かなりきますよね。
「刑事責任は無いし、条例などの問題もない」けれど、無人島に住んでいるわけではないので、
町内会の役員が来て
「子供が安心して学校へ行けない等、近隣の住人から苦情が出ている」とか
保健所の職員が
「罰則を伴う規定はないので処分しろと強制はできないが、事件を知った市民からの訴えが殺到している」とか、
色んな事を言われるのですョ。
隣からは損害賠償の請求はされるし・・・・

もぅ頭の中がぐちゃぐちゃです↓
  1. 2007/04/19(Thu) 12:32:42 |
  2. URL |
  3. ロックの母さん #2DdjN05.
  4. [ 編集 ]

こんにちは~、お邪魔します♪

この本、私も店頭で見かけました。読んではいないのですけれど、思い出したことが。

うちの実家の(故)先住犬は元ノラで、ノラ時代にお腹に子供が出来ました。近所の子供にイジメ&追いかけられて噛み付き、保健所の職員に「針金で」首を繋がれて連れて行かれてしまいました。
普段からご飯上げたりして相手していた我が家。中学生の私は母に「絶対取り戻してきて」と。
飼ってもいなかったのに、賛同してくださったご近所さんと母、引き取ってきてくれました。
後で噛んだ子供の親が「おかしいじゃないか」と抗議に来たらしいのですが、追い返したようです。小心な母が…と後でフシギになりました。
8年前に天寿を全うしました。

動物だけの責任じゃないことって沢山ありますよね。
ワンコも人間が守ってやらなくては!
  1. 2007/05/11(Fri) 23:28:47 |
  2. URL |
  3. 秋カボチャ #UCEhur6.
  4. [ 編集 ]

いらっしゃいまし♪
ワンコが人間社会の中で暮すのには、理不尽な事もでてきちゃうんでしょうね。
一方的に攻撃をしたわけではないのに、ワンコの言い分は聞き入れられませんもの!!
それにしてもご実家の元ノラちゃんは幸せなワンコですね。
お母さんもステキなかたですね。
私も自分の正義を貫ける人間になりたいと思いました。
  1. 2007/05/13(Sun) 13:15:15 |
  2. URL |
  3. ロックの母さん #2DdjN05.
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://glegle.blog74.fc2.com/tb.php/103-3d143d73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)