ビーグルロックのときどき日記~Ⅱ

ビーグル犬と娘とワタシの覚え書き




アイーダ :: 2008/10/31(Fri)

10/28のシビックセンター前の、日立新都市広場
舞台の設営が始まったようです

aida2.gif


何をやるのかって?

aida1.gif

コレです→第23回国民文化祭・いばらき2008 天空に高鳴る祝祭の響き!
        ひたち野外オペラ『アイーダ』


11月1日に上演する為の通しリハーサルが10/30にあると聞き
厳重な寒さ対策をして観てきました。

当日は5.000円、3.000円のチケットは完売、でも今夜はいい席で観ちゃうもんね~
野外オペラアイーダ


野外オペラアイーダ5


野外オペラアイーダ3

初めて観たけどセリフの字幕が舞台の両端にあるんですョ~
ストーリーもばっちり把握できてより深く楽しめました。
野外オペラアイーダ4


野外オペラアイーダ2

第2幕の♪「凱旋行進曲」は圧巻でしたよ~文字通り天空に響き渡る!


市内の合唱団の子供たちもいるそうで、ズームでみるとあどけない顔も。。。
明日の本公演が終わったらリハーサル動画をUPしようかな。。。




>>続きを読む

スポンサーサイト
  1. 地元の事
  2. | comment:12

ホワイトハウス完成 :: 2008/10/30(Thu)

寒くなりましたね

ロック母さんはとうとうGパンの下にアレをはき始めましたよ
これで来春まで着膨れですでも寒いよりいいんです

時を同じくしてロックのハウスも冬支度が整いました
これにより冬季はホワイトハウスと名称が変わります(?)



081021.gif←こちらは ロック邸冬支度はナシ

A5EDA5C3A5AF_20081030101126.gif    
                         うそこメーカー

下品なベルギー人ってなんだ?  ベルギーを知ろう~



  1. ロックの日々
  2. | comment:10

在りし日の喧噪を懐かしむ :: 2008/10/27(Mon)


朝食を終え朝日をあびてまどろむボク・・・・



0810211.gif
夕飯はまだだろうか・・・などど朝っぱらから思いながらアノ「嵐の様な日々」を思うふ






  1. ロックの日々

師匠と弟子 :: 2008/10/23(Thu)

「よ~し、弟子入りするなら厳しくするよ」

    注::師匠の声がデカイです





「見張りは家の前も後ろも同じように気を配るんだ
見張りは大事

「尻尾はこうですね?
しっぽも上げてみる


>>続きを読む

  1. ロックの日々
  2. | comment:10

楽しかった思い出 :: 2008/10/23(Thu)


シッポつかまれたって・・・
081011al2.gif
「おしゅわり」なんてほんのちょっと上の目線からえらそーに命令されても・・・・

081011al.gif
なんだか賑やかで楽しかったんだ~





でも昼寝は静かにのんびりしたかったし・・・・

>>続きを読む

  1. ロックの日々
  2. | comment:6

饂飩(うどん)もあり :: 2008/10/20(Mon)

今回はうどんファンのアナタに送る粋な饂飩屋さんで~す。(秋カボチャさん、見てる?)
うどん店内
靴を脱いで中へ入ると、大正浪漫のカフェみたいな店内。
うどん店内1
ここは地元の麦を使い石臼で自家製粉しているそうです。
鴨汁釜揚げ
締まった感じの細めの饂飩は粗挽きだからか、ほんのり小麦色
蕎麦とは違った味わいがあります。

「醤油かけ釜揚げ」 関東人ゆえ醤油多めです



いえいえこれでは足りぬ後半には醤油を追加しました~
(一句浮かんだ!
  お好み(焼き)も しょうゆがいいね  関東人 )

醤油かけ

ぺろ~り
麺をズルズルとやっつけた後には蕎麦湯ならぬ饂飩湯が!
初めての経験
つけじるの鴨汁に饂飩湯を入れて飲んじゃった~美味い~

お店はこんな感じ↓
siochoukann.gif
これはお隣のフランス料理店↓
塩町館となり
2軒並んで

IMG_1689.jpg箸袋 ">← 塩町館のご案内はこちら
 (姉妹店・蕎麦の慈久庵はテラス席がありワンコOKだそうです、ねっグル君。今度は2時までに行ってリベンジしてね)

この街には美味しい醤油屋さんもあるんです。
我が家も「食卓用はヨネビシで」って決めてるのだけど、「塩町館」の醤油はどこのかしら?

◆お醤油と水戸黄門
元禄時代水戸黄門こと徳川光圀公が太田の西山荘に隠居されました。そばを特に好まれた公は、格別 そのつゆの味にはやかましく、そのため、太田の郷では競って美味しい醤油の作り方を研究し、開発に取り組んでいったようです。

ヨネビシ醤油HPより

ふぅ~ん、そうだったのか
ついでに西山荘へ
西山荘


西山荘入り口

住まい1

住まい

住まい3

西山荘2


>>続きを読む

  1. 食べる事
  2. | comment:6

バレーボール :: 2008/10/20(Mon)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


  1. びーちゃんの事

レアモノ~黒豆枝豆~ :: 2008/10/18(Sat)

今日はガオブログと内容がリンクしてます。
その昔ブログを始めた頃に知り合った「ジャキくんちのジャキママ」
かなりちょっぴり天然の入ったユニークなキャラのお・ね・い・さ・ん

初めて言うけど
ガオ母さんの事は知ってたけど「なんてテンションの高い人なんだ~」って思って
怖くて近寄れなかったワタシに橋渡しをしてくれたのがジャキママ、その人。

3人で会いたいね、て言いつつこっそり抜けがけを狙ってるのはナイショです
       (あ~うそうそ冗談だよ


噂には聞いた事があるけど、「丹波の黒豆枝豆」↓こちらを送っていただきました。
黒豆枝豆1
なんでも10月初旬~25日とかなり限られた時期にしか収穫できないレアモノらしいです。

貴重なものだから失敗のない様にココロして取りかからねば
黒豆枝豆2
サヤの両端を5mm程度ハサミで切り取り落とすといい具合に塩がしみこみ、熱がよく通り、美味しくなるって枝豆サイトで調べました。
ふだんは面倒でやらないけど今夜は丁寧にチョッキンチョッキン

黒豆枝豆3
あ~黒豆枝豆~コレだけでも絵になるわ

塩もみして~
黒豆枝豆4
たっぷりのお湯で~
黒豆枝豆5
あくを取りながらゆでる
黒豆枝豆6

この辺でジャキママに「由緒正しき方法で執り行っております」と報告

ざるにあけて~(さぁご一緒にふぅふぅしてみて
黒豆枝豆7

まろやかな味わい、実が大きくってプリプリしています、激うまですごちそうさま~
黒豆枝豆8
【黒豆の枝豆は、黒豆がさやの中で成熟しきって黒色になる前の状態のものだそうです】


ロックにも貴重な味をおすそ分け
黒豆お手

ロック黒豆
写真を撮っていたら大きい方はさやごとパックンされました



  1. いただき物
  2. | comment:5

日本脱出・・・か? :: 2008/10/14(Tue)

10月海

アメリカ行き





ブラジル行き



  1. ロックの日々
  2. | comment:10

栗 時々 蕎麦 :: 2008/10/10(Fri)

焼き栗

「焼き栗」出来ました~



ポン菓子を作るみたいに専用のマシンで30分ほど煎りつけます
(えぇ、もちろん最初から最後まで張り付いて見てました
茹でた栗とは違って、この「ホクホク感」しかも、「香ばしい
抜群に美味しかったです

この美味しさに感激してお土産用にもう一つ買ったんだけど、チンして温めなおして食べた焼き栗には
感動はありませんでした

DSC05677.jpg
家庭で楽しむには?
①茹でた栗の底に包丁をで切り込みを入れる
②水気をよく切ってフライパンに入れ(油不要)、蓋をして強火で煎って、焼き色が付いたら出来上がり。


DSC05663.jpg「かさま・新栗まつり」にて


8つ子
548.jpgデカッ

本命はコチラ↓

元旦に初詣はしなくとも、この時期の「栗の家詣で」だけは欠かせない位お気に入りのお店DSC05662.jpg


kurinoie.jpg

この日は「新栗まつり」をやっていたのでいつもより混雑していて中でお茶が出来ず
アンティークな店内は昨年の日記でど~ぞ

kurinoie1.jpg
お土産用で購入したけど待ちきれずに車の中で食べたモンブラン、
やっぱり美味しい~~~~
栗100%、クリクリ風味の上品な味です。
栗を絞っただけなのに、どうしてこんなに美味しいの??
クリームもスポンジも無しよ
kurinoie2.jpg


帰り道、常陸太田市は蕎麦畑の広がる「蕎麦」の産地、
本日はここ「佐竹」佐竹

裏の畑から野菜を採ってきて天ぷらに、
店の後ろの小部屋ではセッセと蕎麦を打っています。

打ちたて、茹でたてをいただきます
佐竹そば

佐竹そば1


>>続きを読む

  1. 食べる事
  2. | comment:18

鏡の中には・・・ :: 2008/10/06(Mon)




【解説】
向こうに見えるのはお友達だ~
喜びシッポをブンブン振りながら相手の様子を見るめる
相手も同じようにこの出会いを喜んで・・・

う~~~~ん待ちきれない
向こう側へ回ってもっと近づこう

あれ??居ない
こっちからは見えないや・・・

前へ回りまた見つめる

以下同じ動きが続く

クルミ位のロックの脳ミソがフル稼働しているのが分かりますか?

  1. ロックの日々
  2. | comment:25